無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2013年7月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

こんな一日で幸せというわけではない

12年3月5日(月)

7時40分起床。8時35分出発。
9時始業。
昼は食堂にてハンバーグ定食。
今日は来客が多数あり、仕事量をこなしきれなかった。明日に持ち越し。
晩は家の近くにある総菜屋で南瓜の煮付けを買って食べる。
9時過ぎに炬燵で寝てしまう。そのまま朝まで寝ることになる。

A級という劇団

12年3月4日(日)

12時半までゆっくりして出て行く。外は雨。電車で伊丹まで。
2時、伊丹・アイホールにてA級MissingLink「悲惨な戦争」を観劇。
まさにレトロが現代に見事に甦った舞台だった。特に、ラストが秀逸だった。原発を創造させる演出に鳥肌が立った。
特に挨拶することもなく帰ることに。人目あっていけばよかったな。
観劇後は梅田にてタワレコいったり、本屋に寄ったりして時間を過ごす。
7時半帰宅。
晩御飯はカルビ丼、レタスのサラダ。
明日は仕事。

タイトルで損してる気が・・・

12年3月3日(土)

今日は伊丹に芝居を見に行こうと思っていたが、起きたら開演1時間前でこれはいけんわとあきらめる。
1時起床。4時すぎにベッドから起き出してご飯を食べる。
HDDや本を読んでいたら一日はあっという間に過ぎ去っていった。
夕方まで寝ていたからか夜はまったく眠れず。兄貴からもらった炊飯器で米を初めて炊く。
が、しかし深夜におなかが空いたからローソンでお菓子買って食べてしまう。
ああ、太る…。
梶尾真治著「クロノスジョウンターの伝説」を読了。
SF小説なのだが、これは時間を超えた恋愛小説であると思った。とても心温まるエピソードが詰まった連作小説である。
とてもいい小説なのだが、タイトルが悪いと思う。

書けることと書けないこと

このブログをはじめてリアルタイムに更新することを目指してがんばってきました。
しかし最近、そのときのノリで書いて発信するというのにちょっと躊躇している自分がいます。
毎日、10件ほど訪れて下さる人がいる中で、情報公開を少し遅らせたほうがよいのではないかという感じを受けております。
ちょっとネタばれになるのが早い気もしますし、書けないことも出てきています。
今後も日記は毎日続けていきますが、少し毎日の更新を遅らせていこうと思います。
リアルタイムで見ている人には申し訳ないですが、今後は少しペースを落として、2週間から1ヶ月遅らせての更新をしたいと思います。
別にこの日記が終わるわけではないですが、書けることと書けない事というのがあるということがこの3年近くで学びました。
更新は今後もがんばりますのでご愛顧のほどを。少しばかりゆっくりとなりますが。

それじゃあね。

2012年3月25日 (日)

三十石を通しで観る意義みたいなもの

12年3月2日(金)

7時40分起床。さすがに目覚ましを3台かけていると起きるな。ふむふむ良いことだ。
8時35分出発。外は雨だ。嫌な朝になってしまう。
9時始業。
昼は親子丼。カツ丼頼もうとしたら、カツをいちからあげるから時間かかるでといわれ親子丼にした。
4時45分終業。
ファミマにて軽食購入。その後、アカシヤで買い物。いったん帰宅。5時半出発。地下鉄で谷町9丁目まで。
6時半、国立文楽劇場にて桂まん我の長講三十石夢の通い路を見る。
桂佐ん吉「田楽喰い」、桂まん我「書割盗人」、「替わり目」、中入り、まん我「三十石夢の通い路」。
長講という割にはあまり面白い話ではなかったな。よくかかるから他の人のも見てみようと思った次第である。
谷町9丁目の近くの亀王という店でラーメンを食べる。好きな味ではなかった。10時前帰宅。

文珍と市馬の二人師匠をみる

12年3月1日(木)

7時40分起床。8時35分出発。
9時始業。
昼は食堂で焼肉定食。久々に食べたが、相変わらずな味でした。とほほ。
4時45分終業。
久々でちょっと疲れた。この後、落語見に行くのだが、ちょっといくのめんどくさいくらいになっている。
いったん帰宅後、5時45分に出発。地下鉄で梅田へ。
6時半、第20回朝日東西名人会特別公演~文珍・市馬二人会をシアタードラマシティで見る。
桂阿か枝「千早ふる」、桂文珍「新版・豊竹屋」、柳亭市馬「富久」、中入り、市馬「雛鍔」、文珍「猿後家」。
2時間半のたっぷりな会でした。文珍は面白い。噺の現代への組み込み方のバランスが素晴らしい。センスは関西随一だと思う。
10時半帰宅。風呂入ってまったりとしています。早く寝ないと。

2012年3月22日 (木)

マクドをマックというのはおかしい

12年2月29日(水)

夕方にマクドナルドへ行き、本などを読む。
原田泳幸著「勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論」を読了。
デフレの世にあって8年連続で成長を続け、売り上げが上がっているマクドナルドの社長の経営理念などである。
講演内容をまとめたものだから、自然に読めて、2時間で読了する。
僕は稲盛さんとこの原田さんの本を読み、経営者は確固たる決断はぶれないということだと思う。
晩御飯はおにぎり弁当。
明日から仕事がまた市役所で始まる。一ヶ月充実していたから早く戻りたくて仕方がなかった。がんばるぞ。
この一ヶ月は本当に充実した1ヶ月だった。
まあ、だらけた日が続いたのは多々あったが、明日から気持ちも入れ代わってすっきりとした気持ちで仕事に取り組めると思う。
来年度までだが、がんばるぞ。

体調には気をつけよ

12年2月28日(火)

8時に一度起きるも、炬燵で昼過ぎまで寝てしまう。
4時すぎに家を出て、守口市内をふらふら。
百貨店にて、いきものがかりのCDを買う。本屋さんで本も買う。
ツタヤでKさんに出会う。Yさんがなにやら賞をもらうと聞く。
アカシヤにてサラダ、ドレッシング、野菜ジュースを買う。
6時に帰宅する。
晩御飯はカレー、サラダ。風呂入ってすっきりする。

特に特筆するべきことのない日。

12年2月27日(月)

今日は昼過ぎに起きたものの、何もやる気が起きず、ずっとテレビを見て過ごす。
晩御飯はセブンイレブンの弁当。セブンイレブンではNODAMAPのチケットを引き換える。
番外公演だが、久々のNODAMAPだ。無事チケットが取れてよかった。東京なんか即完売だったみたいだ。
池田成志と宮沢りえをなまでみれるチャンスだ。

金沢というところはなかなかのところだ

12年2月26日(日)

9時半にホテルを出て、今日も周遊バスにて金沢市内を徘徊。徘徊というほど徘徊はしていないが、長町武家屋敷跡を歩く。なかなか赴きのある通りでここでお土産を買って食べる。
折り氷という和菓子が美味しかった。
その後、近江町市場にて少し早かったが昼ごはん。今日は海鮮丼をいただく。でも、昨日の刺身定食の方が美味しかったな。
お土産を探している途中、父親から電話。6月で仕事を辞めて田舎へ帰るという。ちょっと動揺する。
お土産を買い、金沢駅に向かう。お土産はのどぐろの干物を買う。
金沢駅では切符を買って、スタバにてカフェモカ飲んで時間を潰す。
12時53分のサンダーバードに乗って帰る。
車中、本を読む。野村克也著「弱者の兵法」を読了。この本は、ぼやきである。野村の言いたいこともわかるが、ぼやきスタイルだからみんなに聞いてもらえないのだ。いいことも書いてあるが、野村のいうことは聞きたくないなというのが正直なところ。
4時半ごろ西郷通に着く。
コーナンで洗剤、錠前を買う。
晩御飯をいただく。
7時ごろ帰宅。

雷鳥とサンダーバードの違いについて考えてみる

12年2月25日(土)

6時過ぎまで眠れなかった。起きたら8時過ぎだった。9時12分の大阪発のサンダーバードに乗ろうと思っていたので急いで準備して出発。
京橋の駅でスムーズにチケットを変えたことから、大阪駅を猛ダッシュしてなんとか9時12分のサンダーバードに間に合う。
寝不足で電車の中ではずっと寝ていた。
12時に金沢に到着。
観光協会でしおりをもらって周遊バスに乗って金沢中を回る。金沢文芸館、泉鏡花記念館。森八でお菓子を食べる。桜餅がうまい。
それから金沢城公園を散策してそのまま兼六園へ。茶屋や時雨亭でお菓子を食べる。納豆もちというのが旨かった。
金沢21世紀美術館で展示を見る。4つくらい催しをやっていたので飽きることなく過ごす。
いい時間なので、近江町市場で晩御飯。じもの亭というところで刺身定食を食べる。魚が新鮮でとろけるようだった。美味かった。
明日は海鮮丼を食べよう。
ホテルへ移動。ホテルは岡ホテルというホテルだった。夜遊びはせず、部屋で一人篭りっきり。
ラジオでも聞こうとradikoを起動すると東京の方のラジオ局が出てきたからびっくりする。J-waveを聞きながら眠る。

談笑が僕に合うかどうか

12年2月24日(金)

7時半に起床するも、何もやる気が起きず昼過ぎまで寝てた。
4時ごろ家をでる。地下鉄で心斎橋へ。時間まで心斎橋のマクドナルドで時間を潰す。
6時半から大丸心斎橋劇場にて立川談笑独演会を見る。
一人で3席だったが、ずっと舞台に出続けるのを見るというのが初めてだったので、新鮮な感じがした。
面白いし、話の改変も納得がいったしいい話だった。けど、自分にあったかというとそうでもなく、東京の地名がでてくるともうだめだった。
これは合うか合わないかは個人的な部分になるので、これは一回見ただけで判断するのは難しいから、今度大阪に来る僕の誕生日の時にまたみたいと思う。
堀の内、片棒・改、中入り、子別れ・下。
8時40分帰宅。
帰ってきて気づいたが、ポストの中の郵便物が何者かによって抜き取られていることに気づく。
4時ごろ、家を出るときにポストを見たら郵便物があったので、ああ、帰ったら取らないとなと思って帰ってきたら郵便物がない。
誰かが抜き取って行ってるのだ。そもそもそうじゃないかと思ったのは、2週間旅行に出ていたときに帰ってきた時に郵便物が少なすぎるとうすうすおもっていたんだが…。
ちょっともう怖いので錠前を買おうと思う。明日からの旅行に帰ってきたらだけど。早いうちに手を打たないと、郵便物が抜き取られるのは怖いぞ。
明日から1泊2日の金沢旅行。

来月の予定は?

12年2月23日(木)

11時からマクドで昼食も兼ねて食事と読書。
稲盛和夫著「稲盛和夫の実学 経営と会計」を読了。経営と会計という言葉を用いているが、会計がわからない人でもわかりやすく読めると思う。お勧めです。
値段を決めるのも経営という言葉が心に突き刺さる。どんぶり会計ではいけないということを教わり、僕も第一歩として家計簿をつけ始めることにする。
3時からわーくぷらすにて面談。JSNのUさんを挟んでの。2月に何をしてきたかを話す。
なんとショックなことにUさんは4月から異動で担当から外れるということを聞かされる。
晩御飯は散らし寿司と肉団子。
8時にローソンでO君に3月10日の演奏会のチケットを渡される。
9時過ぎに就寝。

冷蔵庫と洗濯機が来たよ

12年2月22日(水)

目覚ましを出勤時間に合わせているから否が応でもめざましをとめるために起きる。しかし、目覚ましを止めてテレビの横でこたつに入って横になってるとうとうとして、昼過ぎまで寝てしまった。
起きてからの炬燵は朝起きるのに危険だからこれからは休み以外でやることはしないことにしよう。
3時過ぎに洗濯機と冷蔵庫が来る。冷蔵庫はちゃんと設置されたが、洗濯機は水を流すと排水口から水が吸い込まれず溢れるという事態が起こる。
設置してくれたJoshinのにいちゃんが大家さんに言った方がいいですよと忠告してくれたので管理人に言った。
管理人さんは詰まったときに使うぽっこんを使ってやったがだめだった。
パイプユニッシュを使って、なんか竹の棒見たいなんをもってきてくれて排水口を突いてくれてなんとか流れるようになった。
4時前にコンビニで大阪ダービーのチケットを引き取りに。その後、マクドへ行き、コーヒーとポテト、後から追加でハンバーガーを食べる。
7時くらいに晩御飯。カレーと味噌汁。

2012年3月 9日 (金)

戻ってきたでぇ、大阪に

12年2月21日(火)

昨日は焼肉の後の後遺症か眠れなかった。寝たのは気づくと4時過ぎていたのを憶えている。あまりにも胸焼けがするのでトイレで深夜一人はいてしまう
10時過ぎにご飯食べる。パンと味噌汁。
昼ごはんはグラタン。
1週間いた田舎とはしばらく分かれる。
結局何もしなかったな。
1時25分のおきで帰る。おき内ではパソコンで日記をつけていたが、新幹線では寝ていた。
5時前に大阪帰阪。6時前に帰宅。部屋は何にもなかった。
6時半に西郷通に行き、お土産を置いて帰る前においてった洗濯物をもって帰る。
晩御飯は母親が持たせてくれた散らし寿司のおにぎりを食べる。

飲んだり吐いたり

12年2月20日(月)

11時半から一人掃除をやり始める。30分くらいやって終わる。
昼ごはんを食べる。
4時すぎに家を出て母親と電車の切符を益田駅に買いに行く。明日で大阪に帰るからだ。
切符を買ってからイオンで今晩の材料とお土産の買出し。
その後、母親の携帯を買い替えにドコモショップへ。結構よい携帯を買っていたが、それにしても最近の携帯行って高いね。5万近くした。
神田へ移動して、晩御飯は焼肉。ビールに肉に満載だった。牛タンも食べれたし満足だが、4時間後くらいに胸焼けと腹痛でリバースする。
帰宅後、風呂。母親の携帯やパソコンを見る。

大人気落語家のチケットを買う

12年2月19日(日)

朝から本調子ではなく、朝、昼、晩とご飯を食べたのだが、家族と食べるのではなく一人で食べた。
3時過ぎに散歩に出る。散歩といっても近所をぶらぶらするとかではなく、かなり本気モードで9号線沿いのローソンまで行く。
ローソンでは、ロッピーで三三の独演会のチケットを申し込む。
何とか取れてよかった。情熱大陸バブルははじけたみたいだ。
以前、三三が情熱大陸に出たときは初日午前中で完売とかがあったが、今回はそんなこともなくよかった。
バナナ、ミカン、食パンを購入して帰る。
往復90分くらいだった。
晩御飯は、刺身、煮しめ、めかぶととろろ。

懐かしい二人の放送

12年2月18日(土)

今日は8時過ぎに起きてご飯を食べて、昼も12時過ぎに食べた。
夜までは何もせずすごす。贅沢な時間の過ごし方だ。
4時半過ぎに家を出て神田へ行く。親戚の家だ。そこで夕ご飯を食べる。寄せ鍋だった。
親戚のねえちゃんにも会えたのでよかった。おじさんたちとも久々に会えてよかった。
9時半過ぎに帰宅。久々にレッドカーペットを見る。あんだけ短い笑いだとたいした感想ももてず。
久々にHMシンジケートを聴く。KBS京都の放送がなくなってもはや田舎でしか聴くことが出来なくなった番組。
相変わらずな放送だった。

勉強になる本もある

12年2月17日(金)

8時に母親に起こされる。朝食はトーストに味噌汁、ハムにキャベツ炒め。
昼はなんかオードブルみたいなもの。
昼間はやる気が起きず、ミヤネ屋をずっと見ていた。
晩御飯はひらめのカルパッチョ、野菜の残り物で汁物など。
池谷裕二、糸井重里著「海馬 脳は疲れない」を読了。この本はとても面白かった。海馬は成長し続けると自分で意識しておくと、俺頭悪いからとかが馬鹿らしく思え、人間成長しようと思ったら脳自体はいくらでも成長できるんだと思う。
ほかに頭は真っ白になったときに、真っ白にならないと意識していれば、他の事を考えて対処できると、意識するだけで違うと書かれてる。
一番なるほどと思ったのが、やる気を生み出すところは側坐核というところで刺激がないと活動しないところらしく、やる気がないところでもやり始めると側坐核が自己興奮してやる気が出てくるというくだり。
昔、雀々が枝雀師匠に代書の稽古をつけてもらう約束をしていて、いざ師匠のところで稽古をつけてもらえるよういくと、師匠はそんな約束はしていないといわれるが、なんとかお願いしてやる気のない師匠が嫌々やっていたら、だんだんのりのりになってみっちり稽古中であっても熱演したという逸話がある。
そんなのでとても面白い本なので古本屋で見つけたときは一度手にとってほしい本だ。

田舎って時間がゆっくり動くと思ったら大間違いだ。

12年2月16日(木)

祖母が11時40分ごろに昼を食べ始めるのに驚く。早すぎるよおばあちゃん。
昼は餃子を焼いて食べる。  
今日も何もせんかった。

記憶が欠如した日

12年2月15日(水)

今日は眠たくて昼に起きてご飯を食べ、そこからまた寝て5時半に起きて、ご飯食べて9時ごろに寝た。そういう一日だった。何食べたかは忘れた。

2012年3月 7日 (水)

電車長旅。寝てて富士山を見れず

12年2月14日(火)
八時半過ぎにホテルを出る。昨日はロフトプラスワンを探して歌舞伎町を探したが、客引きがうっとおしいからさっさと探すのをやめた。
今日は朝なら大丈夫だと思って付近を歩いたが、朝からでも客引きはいて、止まると声をかけられるので結局ロフトプラスワンの場所はわからずじまいだった。
品川に移動して、喫茶店で時間をつぶす。お土産に東京ばななを買う。
10時17分ののぞみで新山口まで行って、新山口から鈍行で益田へ。ついたら5時40分で7時間半以上電車に乗っていたことになる。電車に乗る忍耐力がすごいと思う。
駅を降りると母親が待っていた。
前までサティだったところがイオンに変わっていた。イオンでお買い物。
無事に田舎に着く。
晩御飯は寄せ鍋だった。牡蠣が入っていていっぱい食べて、腹を壊した。
11時過ぎ就寝。
今日読んだ本は、稲盛和夫著「アメーバ経営」。

東京一人旅

12年2月13日(月)

朝5時半起き。二本松バスストップまで送ってもらう。
7時10分過ぎに東京行きのバスが来る。
昨日ひそかに買っておいた福島名産のままどおると薄皮饅頭を食べる。
ままどおるはおいしかったが、薄皮饅頭はいまいちだった。
池袋にて降車。久々の東京だ。前回来たのがエビス堂の東京公演時だったからそれ以来だろうか。
サンシャインシティに向かったが、ちょっと初めての道だったからナビ使って行く。
前々から行きたかったサンシャイン水族館に行く。
どうしても海遊館と比べてしまうが、入場料が1800円ということもあってなかなかの展示の数々だった。
平日だったが、結構人がいた。幼稚園の遠足や、小さい子供連れの親子なんかがほとんどだった。
運よくアシカショーが見れてラッキーだった。
水族館鑑賞後、バーガーキングに寄ってハンバーガー食べる。バーガーキングは初めてだったが、とても美味しいハンバーガーだった。
マクドナルドを探して池袋を歩くが、マクドナルドはあるが、電源ユニットを備え付けたところがなかったのでだめだった。電車で駒場東大前へ。
3時からこまばアゴラ劇場にてロロ「LOVE02」を鑑賞。
普通の印象しか感じなかった。特に特筆する感動もなかった。
黒川食堂というところに入ってマグロフライ定食を食べる。
マクドにも寄ってコーヒーを飲む。
7時からスズナリにて流山児☆事務所「田園に死す」を見る。
これが久々のヒットで、面白かった。ああ、俺ってこんな芝居を見たかったんだなという、それを具現化してくれた芝居だった。
展開はスピーディで映像もふんだんに使われた芝居だから演劇人ならぜひとも見てもらいたい演劇である。面白い。東京在住の人はぜひとも。
新宿に移動。歌舞伎町の後ろのカプセルホテル510に泊まる。

喜多方ラーメンうまし

12年2月12日(日)

12時出発。さすがに友人がチェーン店ばかりなのを気にしてか、うまいラーメンを食べさせてくれるとのことで会津若松に向かう。
道中が眠たくて友人には悪いが、眠ってしまう。
会津若松の鶴ヶ城を見学。喜多方へ。
喜多方ラーメンを板台食堂にて食べる。ネギチャーシューを頼む。これがうまいのなんの。スープにはコクがあり、チャーシューはやわらかくジューシーでとろけるようだった。こんなにうまいのは販促(反則)だと思う。
お取り寄せもやっているっぽいので、今度たのもうかなぁ。
猪苗代湖へ。
夕暮れ時の猪苗代湖で写真を撮るが、開放感で思わず叫んでしまう。叫ぶと鳥の群れがなぜだか僕の上を大量に旋廻する。
湯ラックス熱海で入浴。
晩御飯はまるまつというチェーン店らしき和食レストランにて、カツどんを食べる。友人はうどんを食べる。
友人の家は一軒家で犬や猫を飼う家で古い家でもあるので少し汚く寒かった。猫は3匹中1匹だけなついてくれた。
明日からは東京である。朝はちゃんと起きれるのか?無事福島を抜けれるか。

道また道。東北大移動。

12年2月11日(土)

9時ごろに起きて10時に出発。
結局盛岡では何もすることなく出る。夜の段階では小岩井農場へ行こうと話していたが、出かけるのが遅くなったので行かずじまい。
それにラジオで小岩井農場付近が渋滞になっていたのもキーになって行かなかった。
途中のサービスエリアで前沢牛の牛丼を食べる。これがうまいのなんのって結構値段もしたが食べてよかった。
東北道から一関に行って、そこから下道で気仙沼へ。
海沿いの街は何もかもが崩壊していて言葉にならなかった。僕が小説家ならこの見てきたことをうまく言い現せると思うが、とにかく、残酷な光景が広がっていた。
道は悪く、砂利がかっていて信号機も何もない。どす黒い海の色は恐怖感をあおる。道に平気に乗り捨てられている船。
復興も進んでいると思うが、あの何もない光景は月並みだが、津波の凄まじさを思い知らせるには十分だった。
写真を撮ることすら残酷すぎて僕には出来なかった。
そんな中でも復興屋台村というところがオープンされていてそこで買い物をする。その中の喫茶店でお茶を飲みつつ、店の人と少し話す。
震災時、海沿いの人は津波が来るというのを知っていて避難できたが、ちょっと中に入ったところの人たちが結構犠牲になったらしい。
復興屋台村では中心の広場(広場って程もないけど)にポールが一本立っている。これは水かさがここまで来ましたよって言うのを意味しているポールなのだが、すごく高くて津波の恐ろしさが想像出来る。
気仙沼を後にし、南三陸に下って、ずっと海沿いの街を見ていたが、声がおうおうとしかいえない感じの光景が続く。
電車が走っていただろうところに線路がない光景はため息がでるだけだ。
仙台によって、餃子の王将へ。
昨日から友人が大阪の味をというので、天下一品や王将によっているが、全部チェーン店ばかりではないか。さすがに、仙台来たから牛タン食べたかったぞ。
福島駅中の極楽湯にて入浴。友人宅に泊まる。
今日の走行距離は420キロ。

« 2012年2月 | トップページ | 2013年7月 »

2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

google