無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2015年1月 »

2013年9月

2013年9月 1日 (日)

連載しようかと思います。

13年9月1日(日)

前回ここを書いたのは8月1日か…。
なんて書きだしたのはここもそんなにほっとけないなと思ったから、いま、八重の桜見ながら書いている。
現在も就職活動中である。先週末に応募していた3件の結果が返ってきて、書類選考で落ちた。いつものことだと落ち込んでいてはいけないと明日からまたハローワークに通おうかと思う。
ちょっと考えていたのだが、これからここの存在を忘れないように毎週、身辺雑記や思ったこと、日記の真似事みたいなのを書いていこうと思った。本を読んだらそれの感想なんかを書いていきたいと思う。
毎週締め切りを課すことで締め切りに悩まされる連載作家の気持ちがわかるのではないかと毎週更新を目指して書いていきたい。
ああ、それにしても作家でもない僕がこんなことをしていいのだろうか。まあ、ちゃんと毎週更新ができればいいのですが…。
去年まで毎日日記を更新していたけど、その時も今も、何か生きている証みたいなのを残したいと思って書いていた。今も実習受けながらだけど、なにか残していきたいともってこの毎週更新するというペナルティを課そうと思ったのだ。
でも、連載という言葉のほうがしっくりくるか。ツイッターではできないブログならではの連載にしていきたいと思うからこれを読んだ人はよろしくお願いします。
昨日まで長い間、少しずつ時間をかけて「小三治名席」という本を読んでました。これは柳家小三治の高座を収録した本で、話し言葉がなかなか読ませて面白い本でした。この本は京橋のツイン21の古本市で手に入れたのですが、落語好きの僕にとって即買いの本でした。なかなか読むことが出来なかったが、少しずつ1日1席を目標に読みました。笑いながら読む本というのも珍しいことでした。生の小三治を見てみたいなと思いました。もう小三治も70代のいいじいちゃんだろうから、関西に来るときは見に行きたいと思いました。大阪に来ないかな。大学時代にこの小三治の「まくら」というのを読んだことがあるが、卵かけごはんのエピソードが面白かったと記憶しています。やはり生で見たい。長い枕を堪能したいと思う今日この頃です。

« 2013年8月 | トップページ | 2015年1月 »

2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

google