無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年1月

2015年1月 1日 (木)

2014年のベスト舞台!

昨年は苦しいことがありながらも、それの反動からか定期的に観劇などに勤しんだ。

拝謁ながら昨年見たもので面白かったベスト3を発表したいと思う。
1月
StandFlower「よぶ」
2月
桃園会「のにさくはな」
コトリ会議「こりす池のともぞう」
キャラメルボックス「ヒトミ」
3月
匿名劇壇「ポリアモリー・ラブ・アンド・コメディ」
メイシアタープロデュース「グッドバイ」
MONO「のぞき穴、哀愁」
TOKYO PLAYERS COLLECTION「IN HER THIRTIES」
4月
なし
5月
劇団てんてこまい「結局、犬の方がさきに死ぬ」
スクエア「アベノ座の怪人たち」
劇団新選組「タカラバコ」
がっかりアバター「あくまのとなり。」
斬撃✩ニトロ「TRIP!!!新撰組」
匿名劇壇「二時間に及ぶ交渉の末」
コトリ会議「おなかごしのリリ」
6月
大長編男肉 du Soleil「ロンリーガール&ブギーロボ」
A級MissingLink「あの町から遠く離れて」
劇団太陽族「執行の七人」
キャラメルボックス「鍵泥棒のメソッド」
7月
なし
8月
TAKUMA FESTIVAL JAPAN「夕」
キャラメルボックス「TRUTH」
DOOR2「女子芸人」
KOKAMI NETWORK「朝日のような夕日をつれて2014」
壁ノ花団「そよそよ族の叛乱」
9月
地点「ファッツァー、来い」
悪い芝居「スーパーふぃクション」
ヨーロッパ企画「ビルのゲーツ」
スクエア「ひがげの軍団」
10月
表現・さわやか「The Greatest Hits Of HYOGENSAWAYAKA」
超人予備校「骨折サンバ」
A級MissingLink「Moon Guitar」
地点「かもめ」
大長編男肉 du Soleil「マーマレード男子」
11月
土田×千葉「姐さん女房の裏切り」
地点「桜の園」
「ジャンヌダルク」
地点「ワーニャ伯父さん」
キャラメルボックス「ブリザードミュージック」
「INDEPENDENT14」
12月
テノヒラサイズ「それでも世界には俺がいたほうがいいと思う」
PARCO「紫式部ダイアリー」
地点「CHITENの近現代語」
コトリ会議「社会のまど開放戦線、秋」
合計43本。もっと見てると思っていたが、案外少ないな。気持ち的には80本くらい見てる感じだったのに。その中で面白かったのを三本あげようと思う。
1.匿名劇壇「ポリアモリー・ラブ・アンド・コメディ」
2.MONO[のぞき穴、哀愁」
3.スクエア「ひかげの軍団」
次点.ヨーロッパ企画「ビルのゲーツ」
こう順位を決めてみるとコメディが多い気がする。やはり笑いがあると気分もいいから面白かったのは上位に来た気がする。匿名劇壇を1位に入れたのは新たな才能が出てきたなと思ってこれからの期待を込めて1位に推した。MONOはよく笑った記憶があるからベスト3には絶対入れたかった。スクエアとヨーロッパ企画はどちらも甲乙つけがたい面があったが、個人的にスクエアは関西で一番面白い劇団だと思っているから3位。3位と次点は僅差であった。他にも気持ち的にはキャラメルボックスの「TRUTH」を入れたかったがあれは再演だったのと感情的に特別なものあるから載せなかった。
昨年は43本でもよく見たほうだと思う。今年は昨年よりかたぶん少ないだろう。しばらくは観劇を離れようと思っているところもある。知り合いの舞台しか見に行かないと思う。
今年の関西エンタメ演劇界が発展することを祈りながら…。

2014年を振り返る

2015年1月1日。

久方ぶりの更新であります。一昨年の9月以来かな?思うところあって新年一発目に更新しようと思いました。
昨年(2014年)ははっきり言って後退した年でした。一昨年の11月から大阪市のジョブアタック制度を使って職業訓練から正社員の道があって、いくつかの企業から内定をもらっていたにも関わらず、会社には入らず、別の実習に行くということがありました。
その理由も主治医からまだフルタイムで働くのは無理だからという一点張りで、後にも先にも動けず、デイケアのワーカーからも反対され、話し合いの末、実習からやり直すという形になり、2月から現在も訓練生として働いてるショウセイ工房にお世話になっているといった具合です。
僕の考えとしては収入がなければ一人暮らしだから生活していくことができず、今は貯金を崩しながら生活している状況なので、それを打破して、働きながら体調を整えていって金欠をどうにか変えていきたいという考えだったのですが、主治医は生活に困ったらいろんなセーフティネットがあるからといって取り合ってくれなかった。身体の心配をしてるのだと思うのですが、セーフティネット(生活保護)をとってまで生きて行きたくはない。そう思っていたら主治医から言うことを聴けないならそのわがまま(そんな言い方)を聞いてくれるような先生のところで受信したらどうかとか言われて、匙を投げられました。それが9月頃のことでした。
このままでは埓があかないと思った僕はとうとう10年以上お世話になった関西医大から離れて、家の近く(偶然)にあった守口長尾会クリニックに11月から受信することになりました。心配していた先生はいい人で、睡眠に関して心配があったことにも薬を変えてくれて様子を見ようとしてくれるいい先生に見えます。まだまだ信用していないところもあるので徐々に良い関係を築いていけたらと思っています。
作業所では今、月曜から金曜の9時から3時まで働いています。働いてる皆さんはいい人ばかりで働くことに関してストレスを感じることはありません。今年一年働く事になるのだろうか、今年は徐々に働く時間を増やしていって少しでもフルタイムで働く元気をつけていこうと思います。
でも、心配なのが体力が減ってきているのか仕事終わりの疲労感が半端ないのですが・・・。なんか年のせいなのか、もっと気合を入れて体力つけていきたい。たらたらやってたら本当に働けなくなるほど体力がなくなっていく気がして本当に心配してます。
先ほど僕が唯一信用してる占いごとのくじ引きで、大吉引いたのでそれを励みに頑張っていく。そんな年の始まりに思いました。
長文失礼しました。

« 2013年9月 | トップページ | 2016年1月 »

2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

google