無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年1月

2017年1月 1日 (日)

2016年のベスト舞台

昨年初めから年末にかけてだんだんと観る舞台を減らしていったつもりだけど、あまり減っていないと思った。でも、今年にかけてもだんだん収入に見合った数に減らしていこうと思ってる。今まではちょっと無理してでも見ようと思っていたからだ。

それにしても、昨年は観る芝居観る芝居あまり面白いのがなかった。個人的な意見だが、観客に向けてのメッセージがぬるいという感じは否めなかった。
今年はベスト1位の舞台はなかった。先にそう言っておく。でも、自分のなかでダメでも順位をつけるとこんな感じになるかな。結果は以下を。

1月
桂まん我ひとり会
SHOW劇場vol.10「タッチャブルズ」
大阪ゲキバカ「ソドムの紅い月~やっぱすっきゃねん」

2月
烏丸ストロークロック「国道、業火、背高泡立草」
立川志らく独演会
少年王者舘「思い出し未来」
3月
NODAMAP「逆鱗」
MONO「裸に勾玉」
4月
テノヒラサイズ「人生大車輪」
文之助・市馬二人会
シバイシマイ
5月
ぴあ+BRAVA「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
DIZZYMIZZLIZZY
KING&HEAVY「ラジオドッグ」
劇団カメハウス「どろどろどるーんぷらすてぃっく」
桂雀喜独演会
遊劇舞台二月病「LEFT〜榛名ベース到れる〜」
劇団冷凍うさぎ「ペチカとエトランジェ」
6月
ステージタイガー「ランニングホーム」
無名劇団「無名稿 機械」
まん我落語新世界
キャラメルボックス「また逢おうと竜馬は言った」
DOORプロデュース「父が愛したサイクロン」

7月
あだち絵理子プロデュース「テノヒラサイズの人生大車輪」
A級MissingLink「或いは魂の止まり木」
心斎橋市馬落語集

8月
aiko
ABCホールプロデュース「だーてぃーびー ~汚れたテレビ~」
虚構の劇団「天使は瞳を閉じて」
超いきものがかりライブビューイング海老名

9月
壁ノ花団「水いらずの星」
スクエア「芸人コンティニュー」
超いきものがかりライブビューイング厚木

10月
ミュージカル「明日への扉」
WHITESNAKE
シバイシマイ本公演
ガバメンツ「ロイドと」

11月

12月
キャラメルボックス「ゴールデンスランバー」
柳家小三治独演会
N-TranceFish「生賽バイブレーション」
芝居が28本、落語が7本、ライブが5本か・・・。数的には去年に比べるとかなり減ってるが、今年はまだ減らそうかと思ってる。スぺドラは見るつもりだから5月6月は必然的に多くなるけど。
ライブビューイングが2本入ってるけどそれはご愛嬌で。
そんなで今年ベストを選ぶと、昨年前半はいい舞台観ていたことになってるから、前半から多く選ぶ。
1位 烏丸ストロークロック「国道、業火、背高泡立草」
2位 SHOW劇場vol.10「タッチャブルズ」
3位 MONO「裸に勾玉」
次点 少年王者舘「思い出し未来」
烏丸ストロークロックは素晴らしかった。一昨年みたかなと思ったが、去年だった。ダントツで1位。2位は後藤ひろひとの舞台を見つけたというよりも羽曳野の伊藤がダントツで面白かったのが2位になった理由の一つだ。物語自体は破たんしたからだが、久保田浩に一票。3位以下はぐんと価値がさがる。次点に少年王者舘が入るが、「ああ、俺、こういうのが好きなんだった」と思いださせる舞台でよかったが、次点。

今年は舞台に行く数が減ると思うが、1月から見たい舞台が目白押しである。小遣いと折り合いつけて数は減らすが、行きたいと思う。

2016年を振り返ると・・・

2017年1月1日

昨年はお世話になりました。連載はすると思いきや、ダメだったね。なんか六月の誕生日に更新すると思わせといて全然だった。
今年こそ!というのはないだろうと思っておいてください。

昨年一番デカかった出来事は何だろうと問われれば、やはり就職でしょう。仕事に就いたのは、やはりデカい。
2月に現在の会社の実習を受けて(とはいっても2月の末だったからね)4月1日入社だったからあっという間に過ぎたね。
給料もらってうれしかったね。

体調を崩すことなく、過ごせたのは良いことの一つだった。主治医はよく話を聞いてくれてありがたい。2週間に一回の診察なので、ちょっとした変化に対応してくれたりでホントありがたい。やはり医者を変えてよかった。

フットサルも個人的にはうまくいったりいかなかったりな感じです。世界大会は頑張ったけど自分の実力の無さが悔しかった。年々体力が無くなってきていてしんどいわ。モチベーションが下がってきているのも確かだし。そんなことを悩んだりしてます。
それらのことを打破すべく10月からジムに通いだしました。目標は毎週通うこと。これはずっと続けていきたいな。年齢に抗う。
今年のテーマの一つ。もう一度書く。年齢に抗う。
明日葉も転換期を迎えようとしていると思う。その中で衝突があると思うが、楽しくやることを忘れずに今年一年頑張っていきたい。

あー給料上がらんかな。

« 2016年1月 | トップページ | 2018年1月 »

2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

google