無料ブログはココログ

雑記

2018年1月 1日 (月)

ベスト舞台2017年!!

今年1年舞台観てきたけど、年々観劇回数は確実に減ってきている。それはなぜかというと、年齢が40歳に近づいてきて、小劇場の椅子の硬さに体がついていかなくなってきているのが、大きな原因の一つです。まだできて何年も経っていないABCホールの椅子でさえ、2時間の舞台の長さにお尻がついていかないです。観劇環境がどこも改善されていないのは観劇人口が増えない要因の一つだと思います。劇場も本気で取り組んでほしい問題です。切実。

そんななかで昨年見た舞台の中からベストを決めたいと思います。
1月
ガンズアンドローゼス
2月
長澤まさみ主演「キャバレー」
3月
MONO「ハテノウタ」
阿部真央
キャラメルボックス「鍵泥棒のメソッド」
ニブロール「曖昧な犬」
4月
5月
無名劇壇「無名稿 出家とその弟子」
桂雀喜独演会
メガデス
匿名劇壇「レモンキャンディ」
まん我落語新世界
コトリ会議「あ、カッコンの竹」
6月
柳家小三治・三三親子会
aiko
満月動物園「レクイエム」
May「ハンアリ」
山下達郎
遊劇舞台二月病「Round」
テノヒラサイズの人生大車輪
7月
8月
OOPARTS「天国への階段」
土田英生セレクション「きゅうりの花」
少年王者舘「シアンガーデン」
9月
キラメキ’2017 Aバージョン、Bバージョン
まん我落語新世界
くじらSTAFF「屋上のペーパームーン」
10月
ブラックサバス爆音ライブ
A級MissingLink「罪だったり、罰だったり」
匿名劇壇「悪い癖」
11月
桂まん我独演会
12月
N-TranceFish「その翼、制御不能」
今年は20本か・・・。案外少なかったな。今年はもっと減ると思う。20/3は
3位:匿名劇壇「悪い癖」
2位:少年王者舘「シアンガーデン」
1位:土田英生セレクション「きゅうりの花」
次点なし。
夏に見た芝居が結構当たりだった。少年王者舘は僕の完全な好み。1位は土田さんの底力を観た感じだ。3位は賞取った作品だから面白くて当たり前。全体的に観劇数が少ないだけに選ぶのは簡単だったけれど、力のある作品に当たればラッキーだったけど、そこまでの感あり。
今年はもっと観劇数も減ると思う。昨年以上に。見たい作品は見たいけど、財布との相談だな。

2017年1月 1日 (日)

2016年のベスト舞台

昨年初めから年末にかけてだんだんと観る舞台を減らしていったつもりだけど、あまり減っていないと思った。でも、今年にかけてもだんだん収入に見合った数に減らしていこうと思ってる。今まではちょっと無理してでも見ようと思っていたからだ。

それにしても、昨年は観る芝居観る芝居あまり面白いのがなかった。個人的な意見だが、観客に向けてのメッセージがぬるいという感じは否めなかった。
今年はベスト1位の舞台はなかった。先にそう言っておく。でも、自分のなかでダメでも順位をつけるとこんな感じになるかな。結果は以下を。

1月
桂まん我ひとり会
SHOW劇場vol.10「タッチャブルズ」
大阪ゲキバカ「ソドムの紅い月~やっぱすっきゃねん」

2月
烏丸ストロークロック「国道、業火、背高泡立草」
立川志らく独演会
少年王者舘「思い出し未来」
3月
NODAMAP「逆鱗」
MONO「裸に勾玉」
4月
テノヒラサイズ「人生大車輪」
文之助・市馬二人会
シバイシマイ
5月
ぴあ+BRAVA「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
DIZZYMIZZLIZZY
KING&HEAVY「ラジオドッグ」
劇団カメハウス「どろどろどるーんぷらすてぃっく」
桂雀喜独演会
遊劇舞台二月病「LEFT〜榛名ベース到れる〜」
劇団冷凍うさぎ「ペチカとエトランジェ」
6月
ステージタイガー「ランニングホーム」
無名劇団「無名稿 機械」
まん我落語新世界
キャラメルボックス「また逢おうと竜馬は言った」
DOORプロデュース「父が愛したサイクロン」

7月
あだち絵理子プロデュース「テノヒラサイズの人生大車輪」
A級MissingLink「或いは魂の止まり木」
心斎橋市馬落語集

8月
aiko
ABCホールプロデュース「だーてぃーびー ~汚れたテレビ~」
虚構の劇団「天使は瞳を閉じて」
超いきものがかりライブビューイング海老名

9月
壁ノ花団「水いらずの星」
スクエア「芸人コンティニュー」
超いきものがかりライブビューイング厚木

10月
ミュージカル「明日への扉」
WHITESNAKE
シバイシマイ本公演
ガバメンツ「ロイドと」

11月

12月
キャラメルボックス「ゴールデンスランバー」
柳家小三治独演会
N-TranceFish「生賽バイブレーション」
芝居が28本、落語が7本、ライブが5本か・・・。数的には去年に比べるとかなり減ってるが、今年はまだ減らそうかと思ってる。スぺドラは見るつもりだから5月6月は必然的に多くなるけど。
ライブビューイングが2本入ってるけどそれはご愛嬌で。
そんなで今年ベストを選ぶと、昨年前半はいい舞台観ていたことになってるから、前半から多く選ぶ。
1位 烏丸ストロークロック「国道、業火、背高泡立草」
2位 SHOW劇場vol.10「タッチャブルズ」
3位 MONO「裸に勾玉」
次点 少年王者舘「思い出し未来」
烏丸ストロークロックは素晴らしかった。一昨年みたかなと思ったが、去年だった。ダントツで1位。2位は後藤ひろひとの舞台を見つけたというよりも羽曳野の伊藤がダントツで面白かったのが2位になった理由の一つだ。物語自体は破たんしたからだが、久保田浩に一票。3位以下はぐんと価値がさがる。次点に少年王者舘が入るが、「ああ、俺、こういうのが好きなんだった」と思いださせる舞台でよかったが、次点。

今年は舞台に行く数が減ると思うが、1月から見たい舞台が目白押しである。小遣いと折り合いつけて数は減らすが、行きたいと思う。

2016年1月 4日 (月)

2015年のベスト舞台

せっかく普通の人以上に舞台を見てるのだから感想は書かないけど、自分が観た舞台の中でベスト3を書くのもいいかなと思って昨年から書いてますが。

昨年見た舞台は以下の通りです。(落語も見てここに書いてますが、選外で)
1月
地点「ファッツアー」
地点「CHITENの近未来語」
KAVCリーディング「あくびと風の威力」
彗星マジック「POSTGRAPH」
かのうとおっさん「うっかり婚活スターウォーズ」
2月
立川志らく独演会
まん我落語新世界
キャラメルボックス「クロノス」
3月
DOOR「ドロップキックシスターズ」
MONO「ぶた草の庭」
NODAMAP「エッグ」
4月
がっかりアバター「啓蒙の最果て」
超人予備校「ウマヒツジ」
ロブカールトン「ELDER STATESAN'S GARDEN」
突劇金魚「ゆうれいを踏んだ」
浪花グランドロマン「親愛なる凸と凹へ」
5月
努力クラブ「彼女じゃない人に起こしてもらう」
キャラメルボックス「カレッジオブザウィンド」
桂雀喜独演会
笑の内閣「名誉男性鈴子」
無名劇団「無名稿 あまがさ」
まん我落語新世界
南河内万歳一座「楽園」
6月
劇団☆新感線「五右衛門VS轟天」
A級MissingLinkトライアウト4 「くらげなす、流体力学の基礎知識」
がっかりアバター「この町で、僕はバスを降りた」
乃木坂46「じょしらく」
7月
柳亭市馬・柳家喬太郎二人会
8月
劇団ショウダウン「パイドパイパー」
キャラメルボックス「時をかける少女」
9月
スクエア「湿原ラジオ」
虚構の劇団「ホーボーズソング~スナフキンの手紙Neo」
N-Trance Fish「それでも「これ」は奇跡のカケラ」
10月
石田アキラ版「西遊記」
テノヒラサイズ「老人と怪物」
伏兵コード「遠浅」
キャラメルボックス「水平線の歩き方」
彗星マジック「カミナズム」
A級MissingLink「くらげなす、流体力学の基礎知識」
11月
超人予備校「おやすみラムチョップ」
劇団ガバメンツ「PERHAPS」
キャラメルボックス「BREATH」
12月
シバイシマイ番外編「詠い詠む」
匿名劇壇「プレゼントタイム・ハローグッバイ」
baghdad cafe「会いたくて会えなさすぎるあなたたちへ」
舞台40本、落語5本
舞台をあまり見ていないと個人的には思っていたけど、40本は結構見てたな。7月とかは舞台を一本も見てなかったのに。
今年は全体的に小粒な作品が多かった。はっきり言って本当に面白い芝居が少なかった。ここからベスト3を選ぶとなるとやはり中大劇団の作品になるし、小劇団はもっと頑張ってほしいなと思ったことも確かである。
そんな中でひどい作品過ぎて心に残った作品とかもあった。どの公演とかは書かないけど。
面白い作品はある。けど、本当に面白い作品というのに出会うのは難しいということだ。
そんな中で順位をつけると、
1位テノヒラサイズ「老人と怪物」
2位キャラメルボックス「カレッジオブザウィンド」
3位スクエア「湿原ラジオ」
以上です。今年は昨年よりは本数自体少なくします。選んで見ていこうと思ってますので昨年よりは少なくなると思います。
小粒だったね総評としては。まあ選んで見てるからもっと面白いのがあると思いますが、どんどん評判を上げて僕みたいなんかにも耳に入る劇団を紹介してください。

2016年1月 1日 (金)

2015年映画館で見た映画

映画はやっぱり映画館で見るのが一番いいなと改めて思った次第です。

いきなりこんな書き方したけど、ほんとにそう思ったから。
そんな中、昨年映画館で見た映画を3位~1位にして発表したいと思います。とりあえず昨年見た映画は・・・
ベイマックス☆☆☆
アオハライド☆☆☆☆
マエストロ☆
味園ユニバース☆
アメリカンスナイパー☆☆☆☆
幕が上がる☆☆☆☆
ストロボエッジ☆☆
ドラゴンボールZ復活のF☆☆☆
ビリギャル☆☆☆☆
イニシャルD☆☆☆☆
海街dialy☆☆☆☆
バケモノの子☆☆☆☆☆
悲しみの忘れ方Documentary乃木坂46☆☆
マッドマックス怒りのデスロード☆☆☆☆
進撃の巨人☆☆☆
ジュラシックワールド☆☆
弱虫ペダル☆☆
進撃の巨人後編☆☆
心が叫びたがってるんだ☆☆☆☆
バクマン☆☆☆☆
俺物語☆☆☆☆
天空の蜂☆☆☆☆☆
スターウォーズ フォースの覚醒☆☆☆
I Love スヌーピー☆
こうしてみると昨年は悪い映画というのは少なかったと思いました。見た後に星をつけたのですが、ちょっと今は☆つけすぎたと思うものもありますが、まあ、当時の気持ちを尊重するということでBEST3発表です。
1.バケモノの子
2.天空の蜂
3.心が叫びたがってるんだ
3位は悩んだ。全部邦画で固めていいだろうと思ってこの順位でした。マッドマックスも良かったし、俺物語はツボだった。ビリギャルは泣きました。でも、ここさけは心に強く残った意味で3位でした。
1位と2位は圧倒的な指示です。

2015年1月 1日 (木)

2014年のベスト舞台!

昨年は苦しいことがありながらも、それの反動からか定期的に観劇などに勤しんだ。

拝謁ながら昨年見たもので面白かったベスト3を発表したいと思う。
1月
StandFlower「よぶ」
2月
桃園会「のにさくはな」
コトリ会議「こりす池のともぞう」
キャラメルボックス「ヒトミ」
3月
匿名劇壇「ポリアモリー・ラブ・アンド・コメディ」
メイシアタープロデュース「グッドバイ」
MONO「のぞき穴、哀愁」
TOKYO PLAYERS COLLECTION「IN HER THIRTIES」
4月
なし
5月
劇団てんてこまい「結局、犬の方がさきに死ぬ」
スクエア「アベノ座の怪人たち」
劇団新選組「タカラバコ」
がっかりアバター「あくまのとなり。」
斬撃✩ニトロ「TRIP!!!新撰組」
匿名劇壇「二時間に及ぶ交渉の末」
コトリ会議「おなかごしのリリ」
6月
大長編男肉 du Soleil「ロンリーガール&ブギーロボ」
A級MissingLink「あの町から遠く離れて」
劇団太陽族「執行の七人」
キャラメルボックス「鍵泥棒のメソッド」
7月
なし
8月
TAKUMA FESTIVAL JAPAN「夕」
キャラメルボックス「TRUTH」
DOOR2「女子芸人」
KOKAMI NETWORK「朝日のような夕日をつれて2014」
壁ノ花団「そよそよ族の叛乱」
9月
地点「ファッツァー、来い」
悪い芝居「スーパーふぃクション」
ヨーロッパ企画「ビルのゲーツ」
スクエア「ひがげの軍団」
10月
表現・さわやか「The Greatest Hits Of HYOGENSAWAYAKA」
超人予備校「骨折サンバ」
A級MissingLink「Moon Guitar」
地点「かもめ」
大長編男肉 du Soleil「マーマレード男子」
11月
土田×千葉「姐さん女房の裏切り」
地点「桜の園」
「ジャンヌダルク」
地点「ワーニャ伯父さん」
キャラメルボックス「ブリザードミュージック」
「INDEPENDENT14」
12月
テノヒラサイズ「それでも世界には俺がいたほうがいいと思う」
PARCO「紫式部ダイアリー」
地点「CHITENの近現代語」
コトリ会議「社会のまど開放戦線、秋」
合計43本。もっと見てると思っていたが、案外少ないな。気持ち的には80本くらい見てる感じだったのに。その中で面白かったのを三本あげようと思う。
1.匿名劇壇「ポリアモリー・ラブ・アンド・コメディ」
2.MONO[のぞき穴、哀愁」
3.スクエア「ひかげの軍団」
次点.ヨーロッパ企画「ビルのゲーツ」
こう順位を決めてみるとコメディが多い気がする。やはり笑いがあると気分もいいから面白かったのは上位に来た気がする。匿名劇壇を1位に入れたのは新たな才能が出てきたなと思ってこれからの期待を込めて1位に推した。MONOはよく笑った記憶があるからベスト3には絶対入れたかった。スクエアとヨーロッパ企画はどちらも甲乙つけがたい面があったが、個人的にスクエアは関西で一番面白い劇団だと思っているから3位。3位と次点は僅差であった。他にも気持ち的にはキャラメルボックスの「TRUTH」を入れたかったがあれは再演だったのと感情的に特別なものあるから載せなかった。
昨年は43本でもよく見たほうだと思う。今年は昨年よりかたぶん少ないだろう。しばらくは観劇を離れようと思っているところもある。知り合いの舞台しか見に行かないと思う。
今年の関西エンタメ演劇界が発展することを祈りながら…。

2012年2月10日 (金)

福島に到着して

ただいま、朝の7時である。福島駅中のマクドナルドで友人を待ちながらこれを書いている。

これから東北を旅行するが、今被災地がどうなってるかをしかとこの目で見たいと思う。
向こうから更新できたらしてみるが、どうなるかわからないので、しばらくは更新が滞るかもしれないが必ず見てきたことをアップするので、待っていてほしい。
少しでも復興するに現地でいろいろお金を落としておこうとも思っている。
観光目的が被災地というのは不謹慎かと思うが、テレビで報道されないところとかを見てみたいという気持ちは抑えられず、ちょうど東北に友人がいるのだから、仕事も休みだし、いい機会だから行こうと思って今回実行に移した。
福島についてちょっと危険視したのが、雪である。
雪はあまり降らないといっていた友人のことばを信じていたが、この記録的寒波で福島は現在雪に覆われています。

あまり無理はせず、気楽にこの週末を東北で過ごしたいと思います。
また、様子はアップしますのでお楽しみに。

2011年6月25日 (土)

レーシックをやってきた

今日はついに目の視力を回復させるレーシックを受けてきた。12時に予約を入れていたのだが、少し余裕を持って11時45分くらいに着く。

受付で予約の確認をし、渡された手術前の注意事項を読み、しばらく待っていると名前を呼ばれる。荷物やポケットに入ってる小物、身に着けているものをはずし、手術前の部屋へ通される。そこで手術を受ける格好に着替え(着替えるというより白衣、帽子などを被る)、しばらく待つ。ここで待つのは手術前ということもあってどきどきする。

次は手術室に通される。まずはフラップと呼ばれる目の表面をめくる作業にかかる。僕はコンチェルトスーパーイントラレーシックというのを受けたのだが、種類によってこのフラップの作り方が違う。目の負担が軽いものを選んだつもりだ。麻酔の点眼をする。確認のため自分の名前と生年月日を言わされる。目を途中で瞑ったりするんじゃないかと思っていたが、器具を装着するので目を瞑ることはなかった。器具を装着するとなんか押される感じで何も見えなくなる。目を押される感覚がずっと続き、機械から大きな音が聞こえると一瞬だけ鈍痛がした。それを両目やる。フラップを作ったら視界が白くぼんやりする。

次は角膜を削る作業にかかる。フラップを作る作業とは別の工程なので手術室を変わる。看護婦さんが手を引いて歩いて別の手術室に行く。手術中はずっと看護婦さんが手を握ってくれるのだが、これが心強くて安心した。説明は聞かされていたが、実際痛みなどがあるかわからないからドキドキしていたのだ。真っ暗な部屋に通され、椅子に寝そべってしばらく待つ。再び自分の名前を言わされ、手術。目をそらさないために青い光をじっと見つめる。器具を装着するので周りは何も見えないし、冷たい水をかけられ、ぼやっとした光しか見えなくなる。レーザを当てるのは機械操作なのだが、照射してるときは焦げ臭いにおいがする。

術後、今度は違う部屋に通され、術後の点眼の注意点を受ける。目が痛い時に飲む痛み止めももらう。保護用メガネを渡されそれが終わればもう帰ってよいとのこと、全行程で20分で済んだ。手術自体は5分程度である。僕の精神科の診察並みに速かった。

病院を出ると、後遺症で日差しというか光が眩しく、目を開けるのも困難であった。目は染みるし、まともに目を開けるのも難しいし、視界が白くボンヤリした。日差しが眩しいので地下を通って帰る。

帰宅後、目を開けるのが困難で、目がしぱしぱするので、痛み止めを飲んだ。痛み止めを飲んだ後は1時間くらいで痛みもなくなった。

術後に映画とかでも見に行こうと思っていたし、運動なんかしようもんなら目に問題がでて大変だろうというのが歩いていてよくわかった。

しかし、術後は視界が開けて目が良く見えたし、特に新聞の字を裸眼で見ると、こんなに字が大きかったのかと感動した。これからどんなことが目に起きるかはわからないが、レーシック受けてよかったなと思える一日でした。

2011年4月18日 (月)

意外にしんどくない風邪。

昨日、おとといの日記は酷いな。やる気が微塵も感じられない。でも、じっくり考えて書いたがあまりにも文章が浮かんでこないのでこういう感じになったんだった。

まあ長いことやっているとこういう日もあるということで。

追伸:僕の中で今、アヴリル・ラヴィーンブーム(第一次アヴリルブーム)が来ています。ライブに行こうかどうか悩ましいところだが、ブームとライブが重なったので来月の大阪城ホールは見に行くつもりです。

あっ最後に今日は日記を書きません。風邪ひいてるから早いこと寝るのだ。

2009年9月28日 (月)

ほんとのエンターテイメントを探すのはほんと難しい

最近見る映画、芝居が質が低くて面白くなくて凹むなぁ。

芝居ばかりは水もんだから仕方が無いけど、一定水準は満たして欲しいな。昨日見たのも役者はぎりぎり一定水準なんだけど3000円以下の芝居は見るのに勇気がいるわ。でもあまり値段が高いと数見れないしなぁ。
来週も見ておきたい公演があるが小遣いがきつい。

そのぶん落語は古典で面白さは保障されてるし、好きで落語やっている人たちばかりだから聞いていても好感が持てる。そこがわれわれ素人が落語するのと違うよな。

映画も試写とかの評判を聞いてみる必要があるな。レンタルで見たらいいというのは分かるけど、大スクリーンで音響もちゃんとしたところでみたいしな。レンタルだと片手間気分であまり映画を見た気がしない。もうCMとか入る地上波での放送は見なくなったしね。だからといってBSとかの放送は撮ってまで見るかといえば見ないからなぁ。

これからは厳選して見て行かないと金がもたんわ。小遣いの中でやりくりするのは大変ですわ。これは皆にいえることかも知れんが…

2009年8月25日 (火)

ネットの怖さとビートルズ

このブログを初めて嬉しい反面怖いものだなと思ったことがある。

先日、ここのページにある本を紹介したのだが、その紹介記事をどこかからみたのかその本を作った担当編集者からお礼のメールを受け取った。

その前は落語会に行った感想を書いたら、出演者からこのページにコメントをいただいた。

最初は嬉しく飛び上がる気持だったが記事を書いたばかりだったのでこんなに早くコメントをいただいたのは少々当惑した気持もあった。最近のネットの検索能力はすごいものだな。こんな一介のページを見に来る人が居るんだなと思ったが。

話はそれるが今度9月9日にビートルズのオリジナルアルバム全作品がデジタルリマスターされてステレオ(今まではモノラル)になって発売される。これがほしくてたまらない。これを一気にボックス買いするか、こつこつ溜めていくかすごく悩んでる。なんか悩むうちに発売日が来そうだな、きっと。

なんか以前聞いた噂があるんだが、ビートルズの原盤権はマイケルジャクソンが持っていてそのおかげで今までリマスターされなかったというものだ。このマイケルが死んだ直後に発売されるというタイミングの悪さ、なんか変な妄想を抱いてしまいます。

いまラジオでビートルズ特集の番組をオールナイトニッポンでやってるがビートルズはやっぱいいね。

こんなブログでもコメントいただけると嬉しいです。やっぱり。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2020年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

google